上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
重曹の活用方法第2弾!!
以前、食器洗いに重曹を使っているという話をしました。
今回はお風呂掃除に重曹を使ってみた感想です。

もうかれこれ5〜6年になるでしょうか。
お風呂掃除は重曹のみでやっています。

掃除のやり方は、浴槽、壁、床などをサーっとシャワーで濡らします。
そこへ適当な量の重曹をササーっと振りまきます。
そうしたら風呂磨き用のブラシと、アクリク毛糸で編んだたわしと、
歯ブラシで磨いていきます。
大きい面は風呂用ブラシ、鏡など優しく洗いたいところはアクリル毛糸、
角や隙間は歯ブラシで磨きます。

これを冬場は月1、夏場は週1ペースで洗っています。
1回の掃除に10分〜20分くらいでしょうか。
もっと短い時もあります。
夫婦2人暮らし。
これで十分、入居した時と同じ程度の清潔さ、綺麗さを保っています。

重曹で風呂掃除

お風呂掃除の時は足元は裸足です。
洗剤だとツルツルして滑りやすく、危険ですが、重曹だとそんなこともありません。
またアパートのお風呂は窓がなく、換気の悪い場所ですが重曹では換気の必要もありません。
そしてやっぱり、環境に優しいのがいいですね。
これはオススメです。

スポンサーサイト
2017.03.31 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
2017年2月28日。
NHKのラジオ「すっぴん」で下水道の話題が出ました。
国内に埋まっている下水道管は全長46万キロ、
なんと地球13周分の長さだそうです。
そして下水道管を点検するためのマンホールは、1,400万個。
すごい数字ですね。

マンホールの蓋は各地で絵柄が違い、町歩きをしているときなど、
ふとそのデザインに目をひかれることがあります。
今、そんな各地のマンホールの蓋がマンホールカードとして配布されているんですって!
岡山のはこんな絵柄。

マンホールカード

至道工業は家の周りにある排水マスや下水管などの点検、清掃を行っております。
お気軽にお問い合わせください。


2017.02.28 Tue l 至道工業関連 l コメント (0) l top
環境を守るためには合成洗剤よりも石鹸や重曹などがいいという話をよく耳にしますね。
では「実際にやってみたらどうか?」という感想を書かせていただきます。

台所で使っている洗剤は2種類、食器洗い用石鹸と重曹です。
フライパンやタッパーウエアーの油汚れも重曹を振りかけてスポンジでこすれば問題なく落ちます。
ただ大量の洗い物やギトギト油の時は何回か振りかけて洗うという作業を繰り返さなくてはいけなので、
そういう時はスポンジに石鹸液を染み込ませよく泡立ててから洗います。
石鹸は合成洗剤に比べたら少し滑りやすいので注意が必要ですが、油汚れもよく落ちて問題なし!です。



もう6年くらいこの2つを使い続けています。
何より気に入っているのが、万が一洗剤が周りの食品に飛んだり、
すすぎ残しがあっても体への悪い影響がないということです。
安心して使えるというのが何より嬉しいことです。

そしてさらに重曹や石鹸だと環境への負荷が少ないというのもやはり嬉しい点です。
ちょびっとだけエコに参加です。

2017.01.31 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
新しい年を迎え皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
株式会社至道工業は今年も社員一丸となって仕事に邁進致します。
旧年中に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますと共に、
本年も変わらずお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。




2017.01.05 Thu l 至道工業関連 l コメント (0) l top
師走になりだんだんと寒さが増してきました。
冬の寒い時には水道管が凍結して水が出なくなったり、
水が凍って管の中で膨張し水道管が破裂することもあります。




外気温がマイナス4度以下になると水道管の中の水が凍ると言われています。
室外に露出している水道管や風当たりの強い場所、また建物の北側にある水道管には
保温材を巻いて凍結対策をしましょう。

2016.12.17 Sat l 至道工業関連 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。