師走になりだんだんと寒さが増してきました。
冬の寒い時には水道管が凍結して水が出なくなったり、
水が凍って管の中で膨張し水道管が破裂することもあります。




外気温がマイナス4度以下になると水道管の中の水が凍ると言われています。
室外に露出している水道管や風当たりの強い場所、また建物の北側にある水道管には
保温材を巻いて凍結対策をしましょう。

スポンサーサイト
2016.12.17 Sat l 至道工業関連 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿