上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日「日本遮熱株式会社」が主催する遮熱の講習会に行ってきました。
午前は遮熱の概念や様々な場所で活躍している具体例、未来への展望など3時間にわたる充実した講義でした。
午後はパネルを使って実際の現場の様子や施工方法などの説明です。

遮熱画像

最近では少しずつ耳にするようになってきた遮熱ですが、具体的にどのような仕組みで熱をさえぎるのか、
どのような効果をもたらすのかというのはあまり知られていません。
遮熱材は輻射熱を防ぎ、断熱材は伝導熱を防ぎます。
このように熱の防ぎ方がまったく違うのです。

そして大切なことは品質の高い素材を選ぶことと、正しい施工方法で取り付けることです。

遮熱にご興味のある方、またご質問のある方はご遠慮なく、至道工業へお問い合わせ下さい。


2016.11.18 Fri l 至道工業関連 l コメント (0) l top
岡山県在住で幅広く活躍されている日本画家の藤本理恵子さん
今回はその沢山の絵画の保管場所に遮熱シート「トップヒートバリアー」を選んでいただきました。

絵画保管庫外装 外観  絵画保管庫内装 内観

写真は建物完成後に撮影したものですが、壁の内側に薄い遮熱シートが張ってあります。
絵画の保管は湿度や温度変化に大変気を使われるそうです。
トップヒートバリアーの特性である輻射熱を防ぐことで室内の温度変化を抑えて、
絵画の保管に最適な環境となりました。


2016.10.20 Thu l 至道工業関連 l コメント (0) l top
現在では岡山県でも下水道の普及率が上がってきました。
でもまだまだ浄化槽も多くの地域で活躍しています。

浄化槽

「合併処理浄化槽」
浄化槽とは微生物の力を借りて私達の生活から出る汚水をキレイな水に変える設備です。
川や海などの水質を守るために平成13年に浄化槽法が改正され、
トイレの汚水だけを処理する単独処理浄化槽の設置は原則禁止されました。
現在は台所や風呂、洗濯などすべての生活雑排水を処理する合併処理浄化槽を設置するようになっています。

浄化槽の設置により汲み取り式トイレを水洗式トイレに変えることができます。
設置費用や設置場所などわからないことがありましたら、至道工業へご相談下さい。
お客様のお好みや希望をお聞きしてから設置工事となります。
工事期間はおおよそ1週間くらいです。

2016.09.29 Thu l 至道工業関連 l コメント (0) l top
岡山市は1905年(明治38年)に上水道設備を完成して以来
一度の断水もなく今日まで水道の恩恵を受けています。
ありがたいことですね。
そんな私たちが受けとる水は川から、山から、森から生まれています。
一見青々とした美しい山も近年荒廃が著しく、
その結果大雨の時の災害や、川の汚れにつながっているそうです。

こちらは岡山の山や川の様子を一つ一つ丁寧に調べられた高野信男さんのホームページです。
是非一度目を通してみてください。
「知らなかった、そうだったのか!」という事実が詳細に書かれています。

岡山県真庭市周辺の河川・山林現況調査


これからも岡山に豊かな水が届くように川や、山や、森を大切にしたいと思います。



2016.08.22 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
暑い毎日が続いています。
至道工業の敷地内に小さな池を作ってメダカを飼っています。
その池に蓮の花が咲きました。
美しい蓮の花が一時暑さを忘れさせてくれます。

至道工業のメダカの住む池に咲く蓮の花

蓮毎に来るべし新たなる夏 夏目漱石




2016.07.21 Thu l 至道工業関連 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。